月1回のペースで蓄音機のある古民家に集まり
各自で持ち寄ったお料理とお酒を片手に
SPレコードから流れる音楽を聴きながら他愛もない雑談から
ゆふいんの未来・文化などをジャンルレスながら
蓄音機という切り口からお喋りをする夜会....
そんな「ゆふいん蓄音機倶楽部」です。

予約申込 / 問合せ 由布院温泉旅館組合・近藤まで

TEL:0977-85-7667[平日 9:00 - 17:00]

yora@yufuin-ryokan.com

蓄音機を絡ませたイベント企画を多数開催予定!

2018年「ゆふいん音さんぽ♪」
第33回国民文化祭・おおいた2018
第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会

平成30年10月6日~ 11月25日の期間中、ゆふいん各所で蓄音機関係行事を行います。

2018.10.6 (sat)

蓄音機コンサート ジャズ・ソロの挑戦

時間
19:00~20:00
会場
束ノ間 カフェ・スペース (予約制、1ドリンク制500円、定員20名)

独創性溢れる演奏者の即興を重視するジャズにおいて、ソロ演奏は欠かせない要素です。
とはいえ、初期ジャズは合奏中心であり、独奏がジャズの中枢を成すまで、ジャズ自体の複雑な成長プロセスが必要でした。ここでは、1920年代から40年代までのSP盤で、ジャズにおけるソロの誕生を振り返ります。
プログラムは当日配布いたします。

選曲・解説 : 大澤啓氏(東京大学総合研究博物館) 使用蓄音機 : HMV model 157 (1930年頃、英国製)
2018.10.7 (sun)

蓄音機コンサート ジャズ・ダンス・パノラマ

時間
14:00~16:00
会場
由布市ツーリストインフォメーションセンター (入場無料・出入り自由)

ジャズとダンスは不可分な文化です。新しいジャズ・スタイルが生まれる度に、それに合うダンスが工夫されました。1930年代スウィング・ジャズの黄金期を中心に、ジャズとダンスを結ぶ歴史をSP盤で辿ります。
プログラムは当日配布いたします。

選曲・解説 : 大澤啓氏(東京大学総合研究博物館) 使用蓄音機 : HMV model 163 (1929年頃、英国製)
2018.10.13 (sat)

ゆふいん音さんぽ♪ ハーモニカ演奏会

時間
13:00~16:-00
会場
湯布院公民館ホール (入場無料)
出演
大分県ハーモニカアンサンブル研究会21団体

ハーモニカは「銀色の恋人」「ポケットに入るオーケストラ」などと言われ、その音色は多くの人々の心を魅了しています。童謡、唱歌、演歌、ポップス、クラシック等幅広いジャンルの演奏をお楽しみください。

大分県ハーモニカアンサンブル研究会21団体
・大在ハーモニカサークル(大分市)
・レインボークラブ(大分市)
・BHC同好会めだかグループ(別府市)
・玖珠ハーモニカクラブ(玖珠郡)
・ブルースカイ(大分市)
・水郷ハーモニカクラブ(日田市)
・シャープアンドフラット(大分市)
・ブルーダンディーズ(大分市)
・ザ・フリージア(大分市)
・ウイズ・ラブ(大分市)
・ウインドフィルハーモニカ・おおいた(大分市)
・フォーマイツモロー(大分市)
・BHC同好会あじさいグループ(別府市)
・やまなみハーモニカグループ(別府市)
・ハーモニカフレンズ(大分市)
・臼杵ハーモニカクラブ(臼杵市)
・たんぽぽ(大分市)
・BHC同好会ひばりグループ(別府市)
・別府フレンズ(別府市)
・ブルー・エコーズ(大分市)
・ザ・ハミング(大分市)

2018.10.13 (sat)

蓄音機コンサート 桑原茂一の奢侈の耳@湯布院

時間
18:30~20:00
会場
カフェ・ラ・リューシュ (入場料1,000円、定員50名、予約制)

選曲は想像力への呼びかけです。一度曲に纏わるすべての情報をさっぱり忘れてください。と同時に、選曲とは不適格な画像を無闇に投射します。言い換えれば、左脳で解釈する音楽から、右脳に身を任せる選曲への誘いです。
題して、「桑原茂一の奢侈の耳」湯布院SP盤編。” プログラムはコンサート終了後配布いたします。
桑原茂一氏は初代選曲家・free paper dictionary 編集長

使用蓄音機 : HMV model 157 (1930年頃、英国製)

2018.10.14 (sun)

ゆふいん音さんぽ♪ ― 神楽公演

時間
13:00~16:-00
会場
湯布院公民館ホール(入場無料)

由布院神楽保存会・並若神楽社・ゆふいん子供神楽社・湯平子供神楽、以上の4社が公民館に集結。
躍動感溢れる舞いをご覧ください。

2018.10.16 (tue)

蓄音機コンサート 元気の出る昭和歌謡

時間
14:30~15:30
会場
温水園 (入園者限定)

入園者を対象にしたコンサート。昭和歌謡の名曲を聴いていただいて元気になっていただきます。

選曲・解説 : 歌謡曲研究家 高田秀夫氏 使用蓄音機:Victrola 1-90 (1930年頃、日本製)
2018.10.16 (tue)

蓄音機コンサート 戦後歌謡の黄金時代

時間
19:00~20:00
会場
やす形(入場無料)

昭和20~30年のもっとも歌謡曲に花が咲いた時期の歌をたっぷりお聞かせします。

選曲・解説 : 歌謡曲研究家の高田秀夫氏 使用蓄音機:HMV model 130 (1930年頃、英国製)
2018.10.20 (sat)

ディナーショー 沖縄の食と音楽

時間
18:30~21:30
会場
カフェ・ラ・リューシュ(料金12,000円、定員20名、予約制)

沖縄を本拠に活躍する店舗を持たないフレンチのシェフ、小島圭史。食材はもちろん、それを育んだ土壌や生産者にも敬意を表し、味わいや風土の特性などから導いた独創的なコースは、集う人々を魅了しています。この秋はどんな驚きが? 今回は貴重な沖縄民謡のSP盤を蓄音機でお聴きいただきます。

音源提供:薦田仁(札幌SPレコード倶楽部) 使用蓄音機:HMV model 157 (1930年頃、英国製)
2018.10.27 (sat)

ゆふいん音さんぽ♪ 太鼓公演

時間
13:00~14:00
会場
乙丸公民館(入場無料)

今や大分県を代表する和太鼓集団ゆふいん源流太鼓とその少年部、三代目源流少年隊の迫力あるパフォーマンスをお楽しみください。

2018.10.28 (sun)

蓄音機文楽「近頃河原達引」より「堀川猿廻しの段」人形浄瑠璃文楽座

時間
13:00~14:30(1回目)、16:00~17:30 (2回目)
会場
ゆふいん 束ノ間・本館 (入場料2,000円、定員50名、予約制)

豊竹古靭太夫(太夫)と鶴澤清六(三味線)による名作義太夫「近頃河原達引」より「堀川猿廻しの段」のSP盤(昭和7年1月発売)を蓄音機で再生しながら、文楽を上演します。昭和の大名人と平成の人形遣いの時代を超えた夢の共演が実現!2回公演。

配役
与次郎母      吉田勘市
猿廻し与次郎    吉田玉佳
娘お俊       吉田勘彌
井筒屋伝兵衛    吉田簑紫郎

音源提供:「近頃河原達引」より「堀川猿廻しの段」(日本ビクター 13173-13183) 浄瑠璃:豊竹古靭太夫 三味線:鶴澤清六 ツレ弾:豊澤猿太郎 使用蓄音機:HMV model 193 (x2) (1928年頃、英国製)(*会場は畳に座布団です。)
2018.11.1 (tuse)

蓄音機コンサート ぼくの心が震えた20世紀の名演奏家たち

時間
18:30~20:00
会場
庄屋ギャラリー(金鱗湖畔)(定員30名、予約制)

カザルス、クライスラー、サッチモ、ピアフ、ひばりなど、蓄音機の時代の録音の数々を取り上げ、心を震わせる演奏とは何かを、フルート奏者の有田正広氏が、演奏家の視点から語ります。普段あまり聞けない話が! さて、どんな話でしょうか。

Th. シャリアピン (Bs) :エレジー(マスネ)
M. エルマン (vn) :モスコーの想い出(ヴィエニアフスキ)
I.  フリードマン (pf) :マズルカ第25番ロ短調 op.33-4 (ショパン)
L. ボワイエ:「聞かせてよ愛の言葉を」
Fr. クライスラー (vn):愛のよろこび(クライスラー)
S. ラフマニノフ (pf) :愛の悲しみ(クライスラー)
A. テイタム (pf) :エレジー(マスネ)
美空ひばり:槍さび(江戸端唄)
ルイ・アームストロング:スクイーズ・ミー
P. カザルス (vc):母が教え給いし歌(ドヴォルザーク)
P. カザルス (vc):熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ)
A. コルトー (pf):リタニ―(亡き人の魂を慰める歌)(シューベルト)
A. コルトー (pf) :楽興の時 作品94-3(シューベルト)

HMV model 162 (1927年頃、英国製)
2018.11.2 (fri)

クラシック演奏会 18世紀音楽への誘い~フルートとチェンバロで聴く

時間
19:00~21:00
会場
アルテジオ(入場料1,000円、定員100名、予約制)

コレルリ、スカルラッティ、ヘンデル、ラモー、ルクレールなど、18世紀バロックの名曲のエッセンスを、フラウト・トラヴェルソ(バロック・フルート)とチェンバロの演奏(それぞれの独奏を含む)をお聴きいただきます。有田氏の含蓄に富んだ解説とともにお楽しみください。

コレルリ:フルートと通奏低音のためのソナタ ニ長調 作品5-9から
スカルラッティ:チェンバロのための2つのソナタ ハ長調 K.159, 嬰ハ短調 K.247
ヘンデル:フルートと通奏低音のためのソナタ ト長調 作品1-5, HWV363b から
ヘンデル:チェンバロのための組曲第8番へ短調
ブラヴェ:フルートと通奏低音のための3つの小品
クヴァンツ:無伴奏フルートのための練習曲から
ラモー:クラヴサン曲集第1集から
モンテクレール:フルートと通奏低音のためのコンセルト第2番から
ルクレール:フルートと通奏低音のためのソナタ第1番から

演奏:有田正広(フラウト・トラヴェルソ) 有田千代子(チェンバロ)
①2018.11.3 (sat) ②2018.11.4 (sun)

蓄音機コンサート 小林秀雄と音楽~玉の湯で聴く

時間
①16:00~17:30
②10:30~12:00
会場
玉の湯 談話室(定員20名、予約制)

①11月3日
第一部「私はヴァイオリンという楽器が、文句なくたいへん好きなのである」
~名器を巡って….(三浦 武)
ミッシャ・エルマンのストラディヴァリウス
チャイコフスキー:メロディ
ブワニスワフ・フーベルマンのグァルネリウス
バッハ:「来たれ異教徒の救い主よ」
アンリ・マルトーのマッジーニ
ボッケリーニ:メヌエット

第二部「或る冬の夜のモオツァルト」(杉本圭司)
モーツァルト:ファゴット協奏曲(アーチー・キャムデン)
モーツァルト:交響曲第40番(R.シュトラウス指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団)
モーツァルト:弦楽五重奏曲第5番(プロ・アルテ四重奏団)
モーツァルト:弦楽五重奏曲第4番(レナー四重奏団)

②11月4日
第一部「真夏の真昼間のフランク」(杉本圭司)
1.フランク:交響曲ニ短調(ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団)
フランク:プレリュード、コラールとフーガ(フランス・マルゲリート・エレガード)

第二部「あなたに感謝する」(三浦 武)
タルティーニ:悪魔のトリル ~ ヴァーシャ・プシホダ (vn)
パガニーニ :ヴァイオリン協奏曲~カデンツァ ~グィラ・ブスタボ(vn)
クライスラー:ウィーン奇想曲 ~ヨゼフ・ハシド(vn)
バッハ:シャコンヌ ~ジョコンダ・デ・ヴィート(vn)

HMV model 163 (1929年、英国製)
2018.11.4 (sun)

ワークショップ ろう管蓄音機への録音・再生

時間
14:00 ~ 15:30
会場
梅屋 (定員10名、予約制)

エジソンが発明したろう管蓄音機は再生だけでなく録音もできるものでした。では、実際に録音してみたらどのような音が再生されるのか、フルートとヴァイオリンの生演奏を110年余り前の蓄音機を使って録音・再生してみます。
 エジソンの蓄音機は再生するときには音を拾うリプロデューサーを使いますが、録音のときはこれをレコーダーに交換します。ホーンも再生用ではなく録音用に交換します。そして録音されていないろう管(ブランク・シリンダー)をセットし、ホーンの前で演奏してもらいます。収録時間は約2分。録音が終わったら、リプロデューサーとホーンをもとに戻して再生します。

演奏:有田正広(fl), 山中恵理子(vn) 使用蓄音機:Edison HOME phonograph (1905年頃、米国製)
2018.11.10 (sat)

ピーター・バラカン 出前DJ in 湯布院

時間
18:30 ~ 20:00
会場
アルテジオ(入場料1,000円、定員100名、予約制)

「音を録音する」ということで生まれてきたレコード芸術初期の話から、現在と当時の音の違いに関して、録音方法、再生機器の変化(蓄音機→レコードプレーヤー→CD→ダウンロード→ストリーミング)によるミュージシャンの音作り(意識)の変化の歴史などを音楽とともに解説します。ピーター・バラカン氏はラジオDJ、音楽評論家。

2018.11.25 (sun)

ゆふいん蓄音機倶楽部 Talk & Music イベント「ブラジル音楽の魅力」(仮称)

時間
18:30 ~ 20:00
会場
カフェ・ラ・リューシュ(定員30名、予約制)

「鎌倉の有名店 café vivement dimanche のオーナーであり、ブラジル音楽の紹介を長年続けている堀内隆志氏と、ゆふいん蓄音機倶楽部のロゴをデザインしたイラストレーター福田利之氏がブラジル音楽と蓄音機をキーワードに語っていただきます。

出演:堀内隆志・福田利之
*プログラムは変更になることがあります。
*以下のところでは文化祭期間中、蓄音機を聴くことができます。
ゆふいん辻馬車(一部)、岩下コレクション、Bar Stir

主催:文化庁 厚生労働省 大分県 大分県教育委員会 由布市由布市教育委員会
第33回国民文化祭大分県実行委員会、第18回全国障害者芸術・文化祭実行委員会
第33回国民文化祭由布市実行委員会
第18回全国障害者芸術・文化祭由布市実行委員会

企画:ゆふいん蓄音機倶楽部(ハーモニカ演奏会、神楽公演、太鼓公演を除く)

© Yufuin chikuonki club ALL RIGHTS RESERVED.